徒然なるままに…

このブログは、私の徒然日記を書いて行こうと思います。

人の中の真実

私は「ルールが世界をつくる」という創造命題を編み出した。

このルールが人の中の心で、心により自分にとっての世界が生まれると考える。

そして、その真実は生まれてから死ぬときまでという1つの生命に1つの世界を形作るとも考える。経験や学習によって世界観は面白くなるとも思う。

しかし、ルールというのは人それぞれ違うのだから、他の人の中のルールに関しては、私がこうだと決めつけることはできない。

だから、その人にとって大切な心があり、ルールがその人の世界をつくる。と考える。

人それぞれ、ルールが違うのだから、世界観が違うのも当たり前。

私はただたんに私の世界観を示しているに過ぎない。

私の世界観は「世界を亡くす力」によって、きつい思いをしながら、境界線ができた感じです。