徒然なるままに…

このブログは、私の徒然日記を書いて行こうと思います。

心という家はみんな等しいので、鍛えて、旅行で知見を得、庭園を造っていこう。

語り合える夫婦という戦友は心強い。

夫婦の心が二人の家になる。

夫婦が主人。子供は住人。子供は限定された自由で生きている。

子供には自由のための努力を教えなければならない。

自由は努力のたまものである。

形をもたない自由を維持することは大変。

どのような意味を込めて形作るか?試行錯誤して精錬していけば良い。

社会という荒波にもまれ、最後は自分という意味を生きればいい。

心はその人すべてに表れる。逆に言うと、周りからその人の心が読み取れる。

心の事象が精神的行為でそれを癒やすのが家である。安全のない家は家ではない。

心のこもった実際的行為は人を癒やす。破壊心のこもった行為は人を精神的に殺す。

心は人を生かすか殺すか。究極的には二つ。どちらの心も持つのが自覚のある親。

子供に努力させずにすべてを与えてはいけない。子供には親を越えて行かせねばならない。