徒然なるままに…

このブログは、私の徒然日記を書いて行こうと思います。

心の向き

私は人間には自由と力が備わっていると考えている。

全方位的に向くことのできる自由と、悪用にも善用にもできる力である。

子供の間はその自由によって、一点に集中し続けることは難しい。自分の力に関してもまだよくわかっていない。小さな虫を殺してしまうこともある。死を考えようとするが、死を経験できない私たちはわからないと考える。善いことをしたときに誉めて伸ばすのが良いように思う。悪いことをしたときは何故それが悪いのか?どのような悪影響を及ぼすのかをしっかり伝え、叱って止めてあげないといけないと思う。

成長するにつれて、自由のコントロールと力の使い方を体にしっかりと身に付ける。

大人になると、全体の中で自分の位置と心の向きがわかり力を弁える。

一人でも駄目だが人を殺すことをなんとも思わない人は重症な心の病だと思う。

人が人を痛めつけない世の中を願う。しかしこれがないと鍛えられない側面はある。だから凡庸な人が多い社会は幸福な社会だと思う。

しかし、地から乖離しないで、地に足をつけて生きねばならぬ。