徒然なるままに…

このブログは、私の徒然日記を書いて行こうと思います。

母と映画とお買い物と会話。と考え。

今日は、母と映画を観に行く約束をしていたので、連れて行って貰いました。

映画は「女神の見えざる手」を観ました。

映画の主人公は理論と現実の齟齬から手を打ってるんだろうなぁと憶測しました。

 

映画の前に、回転寿司を食べに行き、久しぶりにお寿司を食べました。

ユニクロヒートテック関係と、後で書きますが、会話で必要になったお弁当箱を買い、掃除機も壊れていたのでビックカメラでオススメの掃除機を買って貰いました。

 

全ての買い物が終わり、喫茶店で母との会話で、私が仕事に向けて訓練校に通おうと思ってる事。父が私を気にしている事。私が母に渡した前のiMac関連の事。などを話しました。

 

私は父には拒絶感が今だに強く、父は私の部屋を見たいらしいのだが絶対に入れたく無い旨も母に伝える。

仕事の訓練校に行く時にお弁当を最初は冷凍食品でやるとして、少しずつ料理を始めてみようかな?とかも話した。

 

後これは母には話そうか迷ったけれど、話せなかったのが、好きな人の事をもっと話したかったのだけれども、私がまず仕事に就いてからでないといけないという思いがあり、ここで書いてしまっているのだけれども、実際に仕事に就いて経済的な面をクリアしてから母には認めて貰おうと思っています。後、私は今、旧友とは連絡を取り合っていないし、好きな人とも心の中だけだし、物理的には一人で行動しているというのが現実。家族とも母としか付き合いがない。つまり友達がいない。

 

でも、今日は楽しかった。

 

母は私をどう思っているのか?実の子供だから付き合っているだけなのか?まあ、そこを考えてもそれを超えているものがあるのでそれを考えないといけないのだが、墓のことや両親のこと親族のこと。そういう事は今日は話していないが、あの乱暴な父から逃れないと私が守れないので離れている。という事だけははっきりしている。

 

私と父は離れている方が精神衛生上良い。母が何を考えているかは今だに読めない。親の心子知らずは今も尚。考えでどうにもならない事は関わりたくない。私は頭しかないから。血縁は私で途絶える。血筋は姉が受け継ぐ。私に子供がもし出来たとしてもろくな子供にはならないと分かっているから。私という爆弾は私で終わる。

 

今回はこの辺で…