徒然なるままに…

このブログは、私の徒然日記を書いて行こうと思います。

エゴについて、他。

今のアパートに慣れてきて、1人の生活を楽しんでいる。

TwitterFacebookで発信。テレビで情報を楽しんでいるが、

1人で完結し過ぎている。

 

恋もしたいが、仕事をしていないから、金もない。

 

自分はエゴはあるがどうにか1人で抑えている。

 

エゴというものは生命の根幹で、

すべての動物にあり、

生きるために剥き出しになった活動欲求である。

 

メディアには私は悪辣に描かれるが、本当の私はエゴを包み込んだ優しさが売りです。

自分のエゴをどうにか抑え込んでいる状態です。

エゴを出すことが悪いことだという思いが強くあり、これまではうまく戦えなかった。

 

でも、自分の経済活動をなんとかしないといけないので、戦わないといけない。

戦うということは、エゴをうまく使い、

「・戦いの目的・戦略・守るもの・生き抜く術・残すもの・品性」

を考え、やり抜き、守らないといけない。

 

ここで、先に述べますが、私はこのように形式主義的な見方をどうしてもしてしまう所があります。

引いて見て、構図で考える癖が抜けず、自分の力というものを1番無視しているのかも知れません。

具体例に欠け、構想を描くのが下手。実際に動くことも下手。人に指導するのもしたことがない。

私なりにいいと思う考え方はあるのだが、私の中だけで収まっている。それらを発信している。

 

何に役立つのか?という物、職業に関する知識も欠け(内実を知らないから)

 

ただ、私自身の過酷な経験から、それを人に課すのは、どう考えてもあり得ない。

それが優しさの源泉なのだろう。

 

私は視点を考えるのは好きです。それが構図で考える癖になっています。

 

最近気づいたのは、私は私基準で見ていたということ。人は私の出来ることはできる。と思っていました。でも、私にできて人にできないこともあり、その逆もある。自分は1人で全ての役割を果たそうとしていたのだと気づいたことです。ということから、今の私の経済状況から、人は一人で生きられない。ということは、ある意味真実なのかも知れません。私を超えたところで理解できます。

 

よし、今回はこれにて、、、