徒然なるままに…

このブログは、私の徒然日記を書いて行こうと思います。

父の欠点。

父は上には弱く、下には暴政。

私はそんな父の元で育つ。父はメディアと上下関係を築き、その父の選局で放送を見る。

選局でも私に暴政。母はそれに最近気づいたが、父は私を鍛えていたと捉えることにした。

母は献身的。感謝し尽くしきれない、でもいつもそれ以上のことをする優しすぎると思う。

 

皆さんの家庭にもご事情はおありでしょうが、私は父の欠点を孕むことによって、精神的鍛錬をしたのだと思う。

その結果が、数学の根本問題の解まで行けたのだと思う。

 

それは最初は頭の中だけだったので、それから現実検討能力を身に付け、身の回りの事象に関しての自身の見解を持つようになったのだと思う。

 

父は、倫理観では私には敵わなくなったので、自然や宇宙の番組を見て、色んな知識を得ている。

 

でも父のお陰で、私は強くなったのだと思う。

 

母のお陰で、優しくなったのだと思う。

 

ただずっとメディアからの監視下に置かれた為、恐怖の為、また反抗の為、その力を自身に抑えてきたと思う。

 

メディアからの搾取はこれからも続くが、私は徹底して抗戦する。

 

私の心の観察を続けるだろうね。メディアも父も。

 

メディアは私とは関係ないことも勿論放送する。というか関係してはいけないのです。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

冷静に振り返ると、20年前までは父は私とメディアに入って、仕切りをしていたのである。

だから、良かれと思って間に入っていたのである。

 

しかし、私の上京と共に親元を離れたことにより、私は単身生活。

間が無くなり、直でメディアからの攻撃を受け始める。

最初の猛攻撃で精神崩壊。精神科へ初めての入院。

 

それから数年間、先ほどの数学基礎論の研究の方に集中の為時間を費やす。

答えはやはり親元で浮かぶ。

 

社会性を身につける為、生活訓練、社会訓練を最初に入院した病院で始める。

昨年6月までは、どうにか食らいついていた。

しかし、仕事以外の風当たりが強すぎて、行き先がわからなくなる。

訳のわからない自己啓発系のプログラムで頭もぶっ飛び、再び入院。

 

その入退院後までは私も性善説でやり通せていた。

 

しかし、メディアの影響により世間からの非難が来るようになり、孤立。

事件を起こし、再び入院。自身の死さえも楽しめるくらいに、自分の心が荒む。エゴが見えた。

 

現実検討能力を磨いてもいた為、普段の生活は送れる。

ただ、メディアとの折り合いが最悪な為、社会的に抹殺されるまで戦うことを決意。

 

Maroon 5が私の代弁をしてくれていると思い、厭世的に観ている。

 

期待はしていない。