徒然なるままに…

このブログは、私の徒然日記を書いて行こうと思います。

頭の中を見てみる

私は1統合失調症患者である。

 

私の考えている信念体系によって、私の見ている世界の姿を解釈している。

 

そして、それは他の人は前提が同じでも違う方向への解釈をすることも当然ある。

 

私の場合、演繹法で導かれる前提条件から結果までの通る道が随分と曲がっている。

 

これは、以前入院していた頃のトラウマなどが大きく影響していると思う。

 

実際、今はその素地を直していけば良いと心穏やかに「やり直せばいいじゃん!」

 

って思えている、入院前の私がいる。

 

Try ITで数学もあとは社会を勉強し直して、でも今回の入院では、他人との共感を

 

大事にしたいと思っている。

 

今までは完全に独断で行っていたことに気づき始めた最近であります。

 

心(脳)の病気だから、真を見つけようとすれば衝突することも多々あり疲れる。

 

だから、今回はあまり議論などは避け、何が正しいか?などのようなものについて

 

考えるよりも、人間として、一患者として、今まで経験したこと。

 

大学を中退し、就職氷河期で就職できずバイトのために上京し、そこで発病し、

 

長い治療期間を経て、どのように自分と向き合ってきて症状を自分で軽減し、

 

生活療法、社会訓練などを経て、一度はA型でも株式会社に入れたので、

 

そこで私のようにドジを踏まないための知恵も共有し、

 

今後は、対人関係を築けていくことを重点に置こうと思う。

 

自分の経験を活かして、アドバイス出来得る限り頑張ろうと思っている。

 

頭で割り切れない部分を行動で補っていこうと思う。そうだ、行動で補うんだ!

 

いくら理屈を並べたって、優しい言葉をかけてあげた方が相手は喜ぶだろうから、

 

優しさや労わりの精神を持って、入院期間に友達を作ろう。

 

友達が何を考え、何が好きで、何を愛するのか?どのような状態でいるのが心地よいか?などを実際に話して聞いてみて、そういう過程で相手を知るということを訓練しようと思っている。

 

最後の入院した病院では、友という友はいなかった。本音で喋っていなかった。

 

ネガティブなものを避けていたからだ。だが、今はネガティブなものに対しても、多少免疫が付きつつある。

 

まだ不慣れだが、それに染まりすぎないように、私には笑いに恵まれているので、笑ってもらって、ネガティブを吹っ飛ばしてもらうようにしていければいいのかな?と現時点で思っている。

 

私の構造はおかしいので笑えるのでしょう。斎藤さんみたいになってるし、、、w

 

何となくだが、恋人もできるかもしれないと感じている。

 

アプローチは下手だから、めっちゃ可愛い子は無理でも、よくよく話してみて、中身のある人で平均以上のルックスの持ち主であればよし。と上から目線。

 

憧れだった人とは、やはり無理だったのだろうと今は思っている。

 

住む世界が違いすぎたのだ。私は底辺の層に住んでいるからね。

 

今回の入院から共感力を身につける。

 

今回はそこまで、それ以上の構想は、まだ早い。

 

では、明日書くかどうかは判らないが、また、いづれ、、、

 

See you again...