読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然なるままに…

このブログは、私の徒然日記を書いて行こうと思います。

雰囲気だけで左右されない。

今日(正確には昨日)作業所で体験実習をさせてもらいました。

 

人の話し声がちょっと攻撃的だったりすると、自分の被害妄想から、自分を悪く思っているのでは?と思うことがこれまでは多かったのですが、

 

野口嘉則さんの動画セミナーなどによって、自己受容が最近少しずつできはじめ、直接的に批判されていない場合は、

 

「自分のことを言われてるのではない。」と捉えられるようになって少し楽になってきています。

 

こうして文章を書く際にも、荒が出にくくなっているのは、そのためと思います。

 

野口さんが教えの中には、自己受容ができる人はそれと正比例して他者受容もできるようになるとも仰っていて、私は私の価値観内でしか、判断できなかったという反省までできるようになってきました。

 

私はこれまで、自分の好きなものしか受け入れてきませんでした。それにより、人の関心のおいているところへの配慮が全くなっていなかったと痛切に感じています。これは逆の立場になれば嫌なことだとすぐに分かることで、

 

自分の好きなものに対して否定的に捉えられれば、いやな気持ちになるのは全くおかしくない気持ちであって。私は今まで人の気持ちというものを本当に考えられていなかったなぁと、痛み入る一日でした。

 

明日(正確には今日)、また作業所で体験実習があるので、今日はちょっと喋りすぎたので、明日はちょっとこちらから喋りかけるのは抑え気味にして、話しかけられたら話そうかな?と思ってます。

 

あと、今日時空力プログラムの動画セミナーを見て、自分が自分を全く大事にしてあげるどころか、痛めつけていたことにも気づきました。

 

だから、これからは自己受容をしてから、他者受容ができるようになることを目指してます。

 

こうして、あまり刺を出さずに書けるようになってきたのはその成果だと感じています。

 

自分の気持ちへ正直になって、それらを認めてあげる。他人の要求に答えきれず不機嫌な態度をとられてもそれは相手の問題だととらえればいいのだ。相手に不機嫌にされても、自分を許す受容も自己受容には含まれるので、自分の安全基地を作るのは大事なことです。

 

さて、眠気がそろそろ来そうなのど眠ろうかな?と思います。ではでは、、、

 

See you again...