徒然なるままに…

このブログは、私の徒然日記を書いて行こうと思います。

野口嘉則さんのワークで実践しようと思ったこと。

私たち、人は自分の中に、

 

「見つめられる自分」と「見つめる自分」

がいるそうで、

 

見つめられる自分=インナー チャイルド

 

見つめる自分=インナー ペアレント

 

だそうで、見つめられる自分 が傷ついた時に、見つめる自分 が批判的であったり、悲観的であったりすると、インナー チャイルドがきつい思いをする。と言うことを聞いた。

 

私は、インナー チャイルドに対して共感的過ぎかなと思いました。

 

重要なことは、

 

インナー ペアレントが、【受容的】にインナーチャイルドのネガティブな思いに対して、“共感”とは違う、【受容的】な態度で接し続けることを長く続けると、インナーチャイルドがネガティブになった時に、癒してあげることが可能になっていくそうです。

 

私の先ほどのブログの記事は、インナーチャイルドの傷つきに、インナーペアレントが共感で書いていたことに気づきました。

 

でも、これから先記事を書くときは、インナーペアレントを受容的にしてから推敲して書こうと思います。

 

今回はこれにて、、、

 

See you again...