徒然なるままに…

このブログは、私の徒然日記を書いて行こうと思います。

数学者になるのが夢でした。が、、、

私は、小さい頃は何になりたいか?とか具体的なことはなかったのですが、、、

高校時代から、学校でも数学で頭角を現してきたので、後々は数学者になりたいというのが夢になっていました。しかし、精神的な病で色々あり、大学も中退し、入院。

 

四則演算も頭の中でするのが難しくなる位の、薬や注射の投薬。私は気が狂いました。理性も崩壊。そんな後、数学の大きな問題が解けたと思っていましたが、それはまだ認められることもなく、現在に至るのですが、、、

 

 数字に落とし込むことは難しくなったものの、インスピレーションは今でも強く受けることもあり(勿論、間違いも多いですよ)、色んなことを思いつきますが、そういう面も落ち着きがないと薬を増量される始末。

 

5年間片思いだったスタッフさんがいたり、色々と前の病院では不毛な時期が長く続いたなぁと、前進することが馬鹿みたいに思えるくらい、私を離すまいとしているように感ぜられた。

 

しかし、私は就労訓練を受けるためにWINGLEに通うために、前の病院から次第に離れていくように、、、

 

昨年の10月から現在の拠点となっている大野城市に移り住むことになり、病院も転院。今は隔週の診察と週一回の訪問看護のスタッフと相談したりするくらい。

 

で、この間、オーディションを受けたりしたけれど、やはり、自分は人の前に立って目立つことをする役者としてやるっていうのが自分らしくないと気づき、知的な作業ができることが望ましいが大学も中退。勉強も中々進まず、、、現在、虚しい生活を送っています。

 

真理命題が先ほど書いた、入退院後、私が必死に数学の基礎論にしがみついて見つけた命題だったのですが、昨日、もう一つ私のあげているブログ。「公的抑圧を感じながら…」というブログに、真理命題の探求で言葉を増設し、それに彩りをつけたものです。

 

真理命題が偽。つまりおかしくなる領域についても、気づいており。そこは前の病院で知り合った当時の友人の指摘に感謝するばかりであります。

 

もう数学を離れて半生以上経つので、もう数学をするだけの理性をこれから構築することは不可能と思われる。理性は一度崩壊すると、勘は働くかもしれないけれど、再び経験則で取り戻すことは叶わないと思う。というか、数学的考え方をするのが怖いです。

 

話は逸れますが、問題を克服するという方向性が、理系の人は永遠の課題ですが、それを共産党宣言としていくというのが間違いです。これは断言できます。確かにブレない。多分、共産党思想も人間や社会に不完全なところがあるけれど、それを埋めようというのが、共産党思想だと思っている(ここが数学の問題を解くのに似てる気がする)。天皇制廃止など私にとっては言語道断!日本国の誇りの侮辱と映り、全く容れたくない思想です。ネガティブなものに焦点を合わせるのではなく、ポジティブなものに目を向けて頑張らなければならないのです。ネガティブなものを見続けていても進展しないのです。社会的なうねりの中からネガティブなものに囚われず、どうポジティブなものに向けて頑張っていくかが必要なのです。ネガティブなことに焦点を合わせていたら、どんどんネガティブになっていくばかりです。

 

話を戻します。

 

私が高校、大学時代まで持っていた武器は数学だけだったので、今のように、言葉で自分の状況を書くのは、レベルの低い中学レベルの国語力までしかないので、それで伝わりやすいのだと思います。たぶん、まわりくどかったり、もっと要点をかい摘んで書けたりするのが理想でしょうが、そういった力も弱いです。でも、そっか。国語力をつけるというのも、面白いかもしれませんね。

 

今、気づきましたが、今まで、「倫理」や「世界史」「日本史」など社会の容易に書いてある本は少しだけ読み進めていますが、私にとっては入り組んでいて判りにくく、中々理解が進みませんが、国語の勉強というのは、漢字の勉強だけなので、もしかしたら、高校レベルの現代文の勉強をしたら、ここで書くことも、レベルアップが図れるかも知れませんね。よし、やってみよう。

 

今までは、哲学や名言などで羅針盤としてきたけれど、ライフワークとして書くことはやっていきたいので、国語を勉強することは、前進につながりそうですね。文転しましたね。最後に好きになった人も理系から文転した人でした。

 

彼女も仕事を一生懸命頑張っているのが、伝わってました。前、受けたセミナーの時の彼女の表情から現在窺い知ることでも、彼女もメンタル的にタフになりきれないような表情を浮かべていました。そんな気持ちもわかります。同族だなと思います。でも、忘れなければなりません。

 

いつまでも彼女を追いかけていても、彼女には彼女の生活があるので、私が振り回してはいけません。

 

これから私は、またA型作業所に通うようになると思います。その間に国語力をつけて、もっと簡潔に上手に書けることを目指します。勿論、判りやすさは活かしつつですが、、、

 

地道に頑張ること。苦手ですが、こういうことをやり続けることが信頼などにも繋がると思っているので、作業所で障がいを抱えた人たちと一緒になって就労していって収入を得ること。これはやらなければなりません。社会保障にばかり頼っていてはダメになるだけです。その為に、訪問看護のスタッフとも現在話し合ってますからね。

 

ではでは、私の前半生の夢でしたが、後半生の夢はなんだろう?正しいと思うことを書くことですかね?時代によって楽しめることがあったり、怒ることもあるでしょうが、可愛いものに癒されたり、嬉し涙で感動したりと、人生を楽しむことかな?そんな中から、徒然思うことをここに書いたり、これは正しいと思うことをもう一つのブログに残すことなどね。Facebookに書き残すことも楽しいです。

 

一度しかない人生。当初は料理やDIYを身につけると書きましたが、どうしても、書くということが、私にとっては自分なりの表現として、かけがえのない喜びであるので、続けていきたいです。書いていない時は、吸収しています。

そして、マスメディアから苦しめられるというのも限定的になってきていて(多分、私がFBやブログなどで牽制しているから)

 

そういう意味で自分の生活を取り戻せて、今は中々楽しんでいるようにも感ぜられます。

 

しかし、薬が重たい。今飲んだら、明日の夕方まで眠たいはずです。

 

それでは、今回はこれにて、、、

 

 See you next time...