徒然なるままに…

このブログは、私の徒然日記を書いて行こうと思います。

昨日書いた、「注察妄想」についての考察

昨日書いた所から、私なりの「注察妄想」についての考察を以下に書く。

 ------------------------------------------------

メラビアンの法則というものを、皆さんは知っておられるだろうか?

これは、感情や態度について矛盾したメッセージが発せられたときの人の受けとめ方について、

人の行動が他人にどのように影響を及ぼすかというと、

話の内容などの言語情報が7%、

口調や話の早さなどの聴覚情報が38%、

見た目などの視覚情報が55%の割合であった。

この割合から「7-38-55のルール」とも言われる。

「言語情報=Verbal」「聴覚情報=Vocal」「視覚情報=Visual」

の頭文字を取って「3Vの法則」ともいわれている。

また、
 
この実験は「好意・反感などの態度や感情のコミュニケーション」において「メッセージの送り手がどちらとも取れるメッセージを送った」場合、「メッセージの受け手が声の調子や身体言語といったものを重視する」という事を言っているに過ぎない。(Wikipediaより)

私はこのメラビアンの法則で、気づいた!

私は人の噂話をそのまま違う人に言ってしまいそうで、昔のように当事者には言わないが、つい加害者側になってしまいそうで嫌である。

嫉妬や妬みで生きていくのが苦手な私は、ダークな話題や、ネガティブなことは、かなり避けたい身なのである。

なんで、私は人に影響を与えることを拒んでしまうのか?

私は、病院でイタイ人を見過ぎたのかもしれない。また、ミーティングなどがあると、反対意見に耳を傾けられなくなった一面も残っているのかもしれない。

統合失調症は、寛解したと思っていたが、私はメラビアンの法則上で、現在かなりVerbalの面が幻聴と重なるのだ。周りで話している内容自体が、私にとっての脅威。それ故、他人に私の基準を持って接してきたのかもしれない。
 
意味がお分かりでしょうか?

幻聴が激減する前までは周りの人の視覚、聴覚で幻聴と連動していたのだが、今は言葉で連動している、つまり、言っていることが私のことのようで仕方がない。再発していても、これは注察妄想のことなのかも知れない。答えが出た。

注察妄想とは、周りの人の言っていることによって、私のことを言っている気がする。それ故、監視されていると感じたり、周りに自分のことが言われていて気分が嫌になるのだ。

だから、逆の立場で、人に加害者になりたくない。影響を与えたくないと考えがちなのだ。

もう、そこは乗り越えないとな。