読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然なるままに…

このブログは、私の徒然日記を書いて行こうと思います。

昨日はWINGLEのイベント「卒カフェ」でした。

昨日は、WINGLEの第3回目の卒カフェがありました。

 

私は今回を最後にしようと思っている運営メンバーだったので、頑張りました。

 

内容は、「コミュニケーションワーク」と「雑談タイム(茶話会)」といった感じでした。

 

コミュニケーションワークでは、紙に10名の性別と年齢と職業が書いてあり、

「明日地球滅亡する為、この10名から6名しか宇宙飛行船に乗れない。

 さあ、諸君、その6名を選びたまえ。」

みたいなことが書いてあり…

 

紙をもらった当初は、10名ではなく、自分が連れて行きたい6名の名前を書くんだろうなぁ?と思っており、私はかなり利己的だと後で気づかされたのですが、その名簿に「長谷川潤」や「新木優子」と書きそうになりました汗

 

でも、まあ無事にそこは隠せたのですが(ここで披露してしまいましたが)、私たちF班は小学校の教員や、目の不自由な女の子、プロレスラーや医者などを選び、バンドマン以外は、みんな入れた理由まで言えてました(ごめんなさい、これはグループワークです)。私は自分のことしか考えきれてなく、何故プロレスラーが必要なのか?とか、小学校の教員を連れていく理由がわかりませんでしたが、「プロレスラーは力仕事ができる」「小学校の教員は新天地や目の不自由な女の子の将来を送らせる」ということにまで考えが及ばず、「なんと自分は利己的なのか?」私がモデルを選んだ(実際に一名名簿にあった)などが、子孫繁栄の為と思っていたが、私だけしかそれは候補に入ってなかった。

 

でも、F班でみんなで協議した結果6名をちゃんとした理由をもって、宇宙船に乗せるというワークは発表をもって終わらせられました。

 

楽しいワークでした。

 

その後、雑談タイムがあったのですが、特に現役メンバーがちょっとこういった社交の場が苦手(私も)、という感じが見受けられました。私は、雑談タイムが今後の卒カフェに来た現役メンバーさん達の課題かなぁ?と淡く思いました。淡くというのは、受け身ではなく、自分から話しかけていく勇気も必要なのかな?と思いもしたからです。私は私がWINGLEに入ってからすぐに卒業なさったメンバーさんから「その後上手く行ってる?」と、入ってきてくれたから嬉しく答えることができたからです。ここら辺はみんなの体調や気持ちの持て方次第かなぁと言うところが実際かなという感じです。

 

で、雑談タイムも終わってみんなで片付けて、机、椅子を片付け、床を拭き、みんなで輪になって、Tスタッフから、自分で自分にいいねを押そう(Facebookね)ってことで、自分で自分を褒めてあげようと言って、自信を持たせる為に良かったな〜!と思いました。

 

で、終わって、友人一人と私と彼はどちらもお調子者(彼も多分こう言っても許してくれるはず)なので、彼も現役卒カフェメンバーだったので、卒カフェのセッティングとかもあったので、その中で知り得た情報とかも聞きながら、「ここのローソン、形が変なんですよ」っていって、連れて行ってもらったら本当に変でちょっとおかしく笑いました。卒カフェはお菓子しかでなかったので、昼飯タイムだったので、自分は実家に帰るまで我慢しましたが、彼はおにぎり類を買ってました。

 

で、博多駅で分かれて帰途につきました。

 

以上で、第3回卒カフェの感想を終わりにします。

 

ではでは、また…

 

See you later...