読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然なるままに…

このブログは、私の徒然日記を書いて行こうと思います。

ダメ人間の理由

今日、父に「お前、農業なんかどうや?」と言われて、

「僕は無理だろうと思う」と答えたら、「お前は何かしら理由を付けて、ダメだと言う、それじゃダメだ」と言われて、今日は昔のことを思い返して自分なりの理由を言った。

「僕は思春期を数学ばかりして、自然を感じることも、社会の役割なども考えていなかった。その頃は、「数学」もっと言えば『懐疑』ということを繰り返していた。自分の懐を疑う、自分が間違っていないかどうか?を完璧に鑑みて正しい所が正解なんだと判る状態だったんだ、

それにその時の可塑性によって、厳密に言わないといけないと思うのだけれども、それもヘンテコにまがっており、それにより自信なく写っているんだろうと思う。きついこと言わないで」と反発した。

でも、話し合いが進み、自分もその可塑性を作り替えないとなぁと思った。

でも、これを書いてる自分は今までのトラウマから、人を100%信じることが怖いところがあります。

多分、今日この事を両親に反発できたのは家族だからだと思う。これから先は、愛する人にだけかもと思う。そう考えると、ゲーデル(不完全性定理で有名)と同じ感覚なのかなと思った。