徒然なるままに…

このブログは、私の徒然日記を書いて行こうと思います。

3月初めのWINGLE!!

今日から今週のWINGLEが始まりました。

 

今日は、2月から来た新任のUスタッフの特別プログラム、

「アサーティブ・コミュニケーション」という講座。

 

アサーティブ?耳慣れないし、カタカナ辞書で調べても出なかったので、

取り敢えずプログラムを受講した。

 

と思ったのが午前中引きずる結果に、

 

最初に[こんな時どうする?]

仕事が終わって帰ろうとすると、

Aさんから

「これから予定があるから残りの残業代わりにやってくれない?」

と言われました。

Aさんの残業を代わりにやるのは、もう5回目です。

しかも、Aさんが自分の業務を代わってくれたり手伝ってくれたことはありません

「あなただったら、どう言いますか?」

 

ここで、私は怒りが立ち上り、攻撃的な言い方で返す。威圧的な声のトーン、態度。

物を叩きながら、、、など、怒りが絶頂。

という私がタイプ1攻撃的な話し方

 

タイプ2非主張的な話し方。おどおどしている。(嫌々でも引き受ける)カッコ内は私の想像。

 

タイプ3アサーティブな話し方。

・相手に配慮しつつも、自分の気持ちや意見を伝える。

・相手も自分も気持ちの良いコミュニケーションとなる。

例は、

「う〜ん。予定があるから仕方ないと思うけど、もう5回目だよ〜。

悪いけど、私も今日予定があるから、他の人にお願いしてくれない??」

 

という話し方がベストらしい。

 

でも、私の頭の中はAさんの自分勝手で嫌なことを平気で人に押し付ける態度に、

激怒したまま。。。

 

そのまま、途中持論とかも語ったけれども、私の意見が最終結果に終わらず、消化不良。

 

-------------------------------

 

しかし、そこからUスタッフの私への特別に配慮をいただいた。

 

「田中さんが主張したことは十分にわかります。しかし、皆さんがそれぞれに課題(自分の症状との格闘)に向かってやって行ってるので、田中さんの趣旨で終えられなかったのは、ごめんなさい。」

 

と言われ、

 

「あ、そうか、そういう理由だったんだ。」と納得。

 

それから、

「田中さんは、自分で大馬鹿正直者と仰ってますが、それは用い方によっては、ものすごい武器になると思います。これから、面談を通して、それを良い方向に向けられるように、磨いていきましょう。」

と、打診してくれて、

 

私もUスタッフに助けられました。課題としては、どんな時に自分(私)は主張しやすいか?黙っておくか?

 

それを、場合分けしておいてくださいとのこと。

 

今日の午前中は、その後、プロジェクトの議事録を書いて、、、

 

終わり。

 

午後は午後で面白いプログラムでしたが、今日はもう一杯一杯なので割愛します。

 

今日も、充実した1日になりました。

 

やはり、WINGLEを選んで良かった。

 

明日は、2週間に1回の診察日なので、あ、多分、明日は総合検査もあるだろうから、

朝食は控えよう。

 

それでは、今回はこれにて、、、

 

では、、、

 

See you later...