徒然なるままに…

このブログは、私の徒然日記を書いて行こうと思います。

テレビ朝日と朝日新聞社は、同じ体質だろうか?

今日は、「たかじんのそこまで言って委員会」にて、朝日新聞従軍慰安婦問題や、福島第一原発「吉田調書」などの記事のねつ造などを取り上げられていた。

 

私は今まで、朝日新聞に関しては、ほとんど読んで来なかったのですけれども、テレビ朝日の「報道ステーション」などは、結構好きで見ていたのだが、同じ様な体質であるならば、今後拠り所とするニュースをどこにすればいいのか?ちょっと、困惑した。

 

そこまで言って委員会のなかで、朝日新聞社が謝罪の時の苦し紛れな、どうにか体裁を取り繕うという姿勢が逆に、私の中で印象を悪くした。

 

今までの記事でも、朝日新聞社はろくに取材もせず、事実を持って書かれていない記事もあったというし、びっくりしました。

 

テレビ朝日は、一応取材現場などの撮影の為、そういった映像を流しているが、報道ステーションが私にとっては、起きた事象と私の頭の中での論理的整合性が高かったので信用していた。同じ朝日グループという事で、近しい関係だとは思うが、今まで自分は騙されてきたのかな?と思うと、虚しく感じました。

 

この潮流では、朝日新聞社は現社長が抜本的な、新聞作りの為の事実確認を行って行く姿勢を作り直し、色んな社会問題を洗いざらい深く謝罪し、事実を持って記事を書くというスタイルを取らないと、新聞社として、何もない所から思い付きで記事を書かれてはたまったもんじゃありませんよ。

 

現場力が今後は試されると思います。

 

報道ステーションは信頼して良いのか?自分のニュースの拠り所は色々見ていって、自分の頭の中で整合性を付けて行くことが、大切なのかなっ?と今は思っています。

 

いつも悪い癖で一度良いと思ったら、そこに安住してしまう怠惰な私がいるので、そこら編はもっと、情報弱者にならないように、鍛えていくしかないのかもしれません。

 

朝日新聞が、これほどまでにとは思いませんでした。番組中謝罪の相手先を読者にしていたのであるが、「こういう日本人が居る」という事で、日本国、日本人に謝罪すべきだということも放送されていた。

 

朝日新聞は、読者が減りそうですね。ここまで言われたら、、、

 

今まで論理的整合性で保ってきた朝日新聞社、しかし、その事実がねつ造であったのであれば、もはや死するしかないですね。事実(Fact)を持って記事を書いて欲しいと論客も言っていました。本当にそうですね、事実がない所から勝手に記事になっていては、恐いですね。いつ冤罪に会うのか?という事にもなりかねませんしね、、、

 

抜本的改革を終え、社長も辞任し、新たに立て直さないとやっていけないと思いました。

 

という事で、今回の記事はここまで、、、

 

ではでは、、、

 

See you later...