読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然なるままに…

このブログは、私の徒然日記を書いて行こうと思います。

高校デビュー

前にも、書いたと思うが、私は中学生の時はデブだった。

 

好きな子がいても、じっーと横顔と後ろ姿を見ているだけだった。

 

自分の様なデブで変態野郎は、可愛いあの子に声をかけるのも悪い気がしていた。

 

そんだこんだもあるもんで、高校生になって、痩せてモテようと思った。

 

そんでもって、ハンドボール部と軽音楽部に入り、女子の目線が変わって

 

来た様に感じ始めた。その頃に、このブログの「私の告白」という記事(削除しました)

 

にもあったような、屈折感が出始めたのではないか?と思った。

 

回りくどい話はせずに、「今」の自分は、中学時代の様なデブで、

 

「もう一度問い直せるか試してみたい高校デビュー」と重なっているみたいだ。

 

今は、メタボ体質、顔も輪郭が無く、ごっつい怒らしたら恐い兄さんって感じに

 

見える。何故問い直せるのか?それは、お盆に高校一年生の時の同窓会があるからだ。

 

勿論、その最中に段々痩せられて、女子目線が変わっていくという事は再現できないが

 

私 ー 私のルックス = ??? という方程式の、???が解るんじゃないか?

 

その???を感じて、「私の告白」で書ききれなかった感覚が感じれるのかな?

 

と、少し期待しています。私の中身という???がどの様なものなのか?

 

それを感じて書きなぐりたい。まあ、???の中には、数学が強いという自信も

 

あっただろう。その自信と相矛盾する罪悪感に繋がるものを、今は怒りを持っている

 

気がする。他の同級生たちにはたわいないかも知れないし、自分でもなんだ、そんな事

 

だったのか?と呆れるくらい馬鹿らしいことだったらいいけれども、今はそれは私の

 

怒りに繋がっているような気がしている。その怒りとは道徳的価値か?

 

変態野郎のスケベ心か?醜美は表裏一体と聞いたことが在るが、これは正に今の、

 

安倍内閣の模様を示している様にも感じる。

 

という所で、今夜は終えます。

 

おやすみなさい

 

See you later...